インプラントの技術

インプラントの技術は、歯の治療だけに留まらず、電力を必要とする心臓のペースメーカーや人工内耳それに美容のため豊胸目的で乳房に埋め込んだり、ファッション目的で皮下の浅い部分に埋め込むインプラントもあります。

チタンあるいはチタン合金製のインプラントを光機能化による超親水性の再生をすることにより、骨形成を担う細胞(骨芽細胞)や必要なたんぱく質が早く付着し、骨を形成するのです。インプラントの成功率は、如何に早く骨に定着するかが全てだと思います。歯の支柱を形成して行う治療は、デンタルインプラントと言いますが、これはインプラントの形は変わりますが、関節の再建や骨折の固定に用いられる各種整形外科のインプラントとなんら変わりません。歯に使用されるインプラントは、保険適用されませんが、身体の不自由を解消する骨折治療などには保険適用がされているのです。今後も光機能化されたチタンを利用した様々なインプラントが登場してくると思います。

インプラントとは、体内に埋め込まれる器具の総称で、 医療目的で広く用いられています。骨折やリウマチなどの治療で骨を固定するためにもボルトとして使用されているのです。そして、埋め込みという意味から、諜報活動の機器に埋め込まれるものもインプラントと言います。